医療事業関連情報の最近のブログ記事

第10回電解水透析研究会が行われました!

 

こんにちは。日本トリムです。

 

先日、2月4日(土)ラーニングスクエア新橋(東京)にて

第10回電解水透析研究会が開催されました!

 

P2046171.JPG

 

腎臓病の治療である血液透析は、透析液の希釈水として1回あたりに

約120リットルという大量の水が使用される治療法です。

血液透析は副作用の強い治療法で、その副作用は透析中に発生する

酸化ストレスや炎症が深く関わっていることが、明らかにされてきました。

 

そこで、透析液の希釈水に水素が付加された電解水素水を使用することで、

酸化ストレスや炎症を抑え、倦怠感などの副作用を軽減することが期待されており、

今日まで研究が進んできました。

 

今回の研究会は、記念すべき第10回目の開催であり、

また今回から電解水透析研究会は日本透析医学会が指定する「全国規模学術集会」というものに

指定されています。

 

この研究会に参加すると、

透析の専門医や指導医の認定や、

更新の際に必要な単位のうち3単位が取得できるのです。

 

なので運営も今まで以上に気合が入っていたとか。

 

P2046163.JPG

 

そんな節目第10回電解水透析研究会には、100名以上の方にお集まりいただきました。

100名を超える方にご参加いただくのは、今回が初めてとのことで、

多くの方に興味、関心を持っていただいていることがうかがえました。

 

P2046203.JPG

 

研究会内では、電解水透析を導入している病院の先生や技師の方からの

効果やデータ、患者さんからの反応について発表が行われ、

研究者の方からはこれまでの経過、観察と今後の課題についての話がなされました。

 

特別講演は、理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センターから

講師をお迎えし、「疲労の最新研究」についての講演が行われました。

 

P2046170.JPG

 

電解水透析を使用して患者さんの治療にあたられている、

先生や技師さんの話を直接聞くことができ、

中には「車いすで通院していた方が、数週間後には歩いて通院するようになった」

「透析治療後にも副作用があまり出なくなるので、患者さんがすぐに帰宅するため

『あの病院の透析患者さんは逃げ足がはやい』と言われる」

などリアルな声も聞くことのできる貴重な時間でもありました。

 

 

昨年、6月には電解水透析に関する総説論文が日本透析医学会公式欧文誌に掲載されました。

総説論文というのは、これまでに研究結果が論文として多数発表されていなければ、

出すことができない論文です。

10年以上かけて研究してきたデータや成果がそれだけ蓄積されてきたということになります。

 

これからはさらに普及に力を入れていくとともに、

透析患者さんのQOL(生活の質)を改善する電解水透析という方法が

世の中に認知していけるよう日本トリムとしても、日々尽力してまいります!

 

ブログを見ていただいている皆様、こんにちは。

日本トリム経営企画部開発課の當眞(とうま)です。

珍しい苗字ですが、実は家系が沖縄に関係があります。

沖縄に行くと普通ですが本州では珍しがられます。

 

先週末、大変大きなイベントに参加したので報告します。

大阪で開催された「第61回日本透析医学会学術集会」

日本トリムブースを出展しました!

 

IMG_5059.JPG

 

日本で開かれる医学会の中でも最も規模の大きい学会の

1つとされている日本透析医学会ですが。

日本トリムは透析医学会に12年連続展示ブースを出しています。

主催者側から今年の参加者数は約20,000の規模になるとの発表があり、

昨年からさらに人数が増えています。

 

全国から透析に関わる医師、看護師、技師等の方々が、

大阪国際会議場ならびにリーガロイヤルホテル大阪等に一斉に集まり、

透析医療のさらなる進歩のために日頃の取組や研究成果を発表されていました。

 

IMG_5061.JPG

IMG_5060.JPG



出店ブースについては、3階、5階、10階、12階と4カ所に分かれていましたが、

日本トリムのブースはその中でも、メインブースとなる3階であり、

名だたる大企業に並び出展することができ

透析業界の中でのポジションの高さを実感しました。

 

ブースでは、日本トリムの「電解水透析*」に強く関心、

期待されている医療関係者の方々が多数来場されており、

多くの方から新システム発売を早くして欲しい等のご意見をいただきました。

今までになく 電解水透析について認知度は広がっていると感じています。

 

*電解水透析とは、日本トリムと東北大学との産学連携で研究開発された血液透析療法です。

特長は日本トリムの電気分解技術を応用し、抗酸化性が確認された水素(H2)を含む透析液で

血液透析を行うことです。これまでの研究で、透析患者の酸化ストレスが軽減し、透析に伴う

副作用等が改善したとする報告がされています。透析予後の改善(患者のQOL(quality of life)を改善)を

期待し、日常の血液透析療法で取り入れる施設も増えてきています。

 

 

 

また、今回は日本トリム共催のランチョンセミナーも初めて開催いたしました。

 

160531luncheon.jpg

 

「電解水素水を用いた血液透析:基礎と臨床 ~透析患者の予後改善のために~」

というタイトルで、福島県立医科大学の中山昌明先生にお話しいただきました。、

そのランチョンセミナーを入れ全6演題が発表されました。

 

160614_schedule.png

※クリックすると拡大してご覧いただけます

 

会場を埋め尽くすほどの多くの方にご参加いただき、

電解水透析の可能性への期待を感じました。



IMG_0419.JPG

IMG_0413.JPG

 

今回の透析学会でお会いした医療関係者の皆さまとお話をし、

さまざまな期待、質問、意見、要望をちょうだいしました。

日本トリムとしても、その期待にこたえるべく、

電解水透析の医療現場にのっとった飽くなき改良、

大量供給体制の構築をさらに強化していきたいと思っています。

 

 

こんにちは。日本トリムです。

2月6日(土)フクラシア品川クリスタルスクエア(東京都)にて

日本トリムが協賛する

第9回電解水透析研究会が開催されました!

 

P2060209.JPG

 

この日、全国から医師・技師・看護師・関係メーカーの方々が

多く来場され、いつもより多めに用意されていた席も後ろまで埋まるほど大盛況。

計100名近くの方が参加され、活気のある研究会となりました。

 

P2060238.JPG

 

研究会は、電解水透析研究会 会長の福島県立医科大学中山先生の挨拶から始まり、

電解水透析についての説明や進捗をお伝えする「教育セミナー」

電解水透析の臨床効果に関する経過報告を行う「研究会報告」

電解水透析を利用する病院等による発表を行う「一般演題」

ゲストによる講演の「特別講演」の4部構成で行われました。

 

 

P2060244.JPG

P2060260.JPG

 

特別講演には、茨城大学農学部資源生物科学科 西原先生が登壇し、

「水素をエネルギーとして利用する細菌」をテーマに講演をされました。

 

P2060297.JPG

P2060294.JPG

P2060303.JPG

 

水素水や水素エネルギーなど近年話題に上ることの多い「水素」に関する

学術的知見からの講演に、参加された方も興味を示しており

講演後の質疑応答では数々の質問が飛び交っておりました。

 

P2060309.JPG

 

最後は、電解水透析研究会 副会長 日鋼記念病院 伊丹先生による総括で

第9回電解水透析研究会は幕を閉じました。

来年は記念すべき第10回目となる当研究会。

さらに研究が進み、「電解水透析」という新しい治療法が拡がり

血液透析治療の副作用で苦しむ患者の方々の

QOL(Quality of Life=生活の質)改善に貢献できればと考えております。

 

=======================================

※【電解水透析とは?】

腎臓機能の代替治療法である血液透析には、大量の水を必要とします。

日本トリムは、その水に注目し、血液透析用の整水器を産学共同で開発しました。

この整水器で生成した電解水で調製した透析液による血液透析が「電解水透析」です。

=======================================

 

 

*新しい試みとして展示コーナーが設けられました

 

今回からは展示コーナーが設け、実際の機械が展示されていました。

研究会開始前や、休憩時間にはたくさんの方がご覧になっていました。

 

P2060222.JPG

日本トリム製電解水透析システム「EW-HDシステム」

P2060232.JPG

P2060265.JPG

 

こんにちは!日本トリム経営企画部三木です。

 

先日6月26日(金)-28日(日)まで、パシフィコ横浜にて開催された

第60回(社)日本透析医学会 学術集会・総会に

日本トリム・TMI(トリムメディカルインスティテュート)がブース出展しました!

 

150626image.jpg

 

当医学会では新製品の発表を行いました!

その名も

『電解水透析® 逆浸透精製水製造システム 新型個人用RO 装置』

 

難しい名前だな…と思った方も多いはず。

分かりやすく言い替えるとRO装置とは、

人工透析に必要とされる水を供給するシステムのことをいいます。

 

日本トリムは、透析患者の方々のQOL(quality of life)を改善するため、

このシステムで生成される水に抗酸化性のある水素を溶存させる機能を付帯させた

『電解水透析』の研究とシステム開発を行っています。

 

こちらが今回展示したシステム。

JST(科学技術振興機構)から公的な委託研究費を受けて開発しました。

 

P6250295.jpg

P6250299.jpg

 

コンパクトかつ清浄化を強化したことにより、

医療現場の方々からは導入しやすくなったとご好評頂き、

限定台数を上回るモニター販売のお申込みを頂きました!

 

P6270333.jpg

 

また電解水透析の学術面においても、4演題の発表がありました。

その中で60ヶ月に及ぶ「電解水透析の臨床効果に関する前向き観察調査」

半年・1年目の中間報告が行われ、電解水透析を受けている

患者さまの透析後の疲労感が有意に低下したこと、

また薬の投与量が低減されたことの発表がありました。

 

tosekigakkai15.png

※クリックすると拡大してご覧いただけます

 

次回第61回(社)日本透析医学会 学術集会・総会は

2016年6月9日(木)~12日(日)に

大阪(国際会議場、リーガロイヤルホテル他)にて開催されます。

日本トリムおよびTMIも出展予定ですので是非ご期待下さい!!

 

 

こんにちは。日本トリムです。

 

「第8回電解水透析研究会」が1月31日(土)、

東京都千代田区の富国生命ビルにて開催されました。

 

1501program.JPG

 

「血液透析」は、低下した腎機能を人工的に代替する医療行為であり、

体内に蓄積した老廃物の排出に不可欠な治療法です。

日本の血液透析は世界でもトップレベルとされています。

それでも、透析により吐き気、頭痛、低血圧、痒み、倦怠感などといった

関連症状が出ることが多々あり、合併症の発症や予後の悪さが問題視されています。

 

そこで、日本トリムがこうした症状を改善するために研究・開発を進めているのが、

「電解水透析システム」です。

 

透析に使用する水を電解水素水にすることで、

これらの症状を起こす原因とされている酸化ストレスや炎症を抑制し、

透析患者のQOL(Quality of life)改善につながる治療法として、

電解水透析に大きな期待が集まっています。

 

今年で8回目となる今回の研究会、会場には、透析治療に携わる医師や技士の方、

関係メーカー様などが参加し、活発な意見交換の場となりました。

 

1501kaijo.JPG

会場の様子

 

まず、電解水透析の研究経緯から効果までを包括して理解いただくための

「教育セミナー」が行われました。次に、「一般演題」では、電解水透析システムを導入いただいている

病院関係者の方々からの最新の発表がありました。

 

1501nakayamat.JPG

 

電解水透析を利用した患者の方々の声が紹介されるなど、

臨床効果に関する貴重な意見を実感できる場にもなりました。

 

また、電解水透析を受けた患者の筋肉量の低下が遅いことや、

これまで1つの施設で確認されていた良い報告を、他の透析施設でも確認できたことなど

新たな発見もありました。

 

続いて、毎年ゲスト講師を招いて実施する「特別講演」では、

東京慈恵会医科大学 ウイルス学講座 教授の近藤一博先生が、

「疲労の最新研究」に関して講演をされました。

 

「疲労」は透析治療にとって非常に関心があるテーマです。

これまで電解水透析によって疲労感が有意に低下することが分かってきています。

講演後は活発な質疑が展開され、

会場の盛り上がりが最高潮に達するなかで、研究会は終了しました。

 

1501kondot.JPG

東京慈恵会医科大学 近藤一博先生

 

この研究会は電解水透析の科学的・医学的妥当性を評価する目的で設立され、

その評価はますます高くなってきています。

それが8回まで継続できたのは、それだけ社会から必要とされる取り組みであることが

認知されてきたからだと考えています。

 

次回の「第9回電解水透析研究会」は2016年の同じ時期を予定しています。

電解水透析のさらなる進歩をご期待ください。

 

1501entrance.JPG

 

※【電解水透析とは?】

腎臓機能の代替治療法である血液透析には、大量の水を必要とします。

日本トリムは、その水に注目し、血液透析用の整水器を産学共同で開発しました。

この整水器で生成した電解水で精製した透析液による血液透析が「電解水透析」です。

日本トリム2014年5大ニュース!

 

こんにちは。日本トリムです。

 

昨年の出来事のなかから、日本トリムのトピックスをまとめてみました。

ランキング形式で発表します!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本トリム2014年5大ニュース

1位 14年連続整水器シェアNo.1獲得

2位 トリムイオンHYPER新発売

3位 日本トリム社員の平均医療費が全国平均より低いことが明らかに!

4位 電解水素水の農業への応用・研究の進展

5位 新論文3報発表

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

1位 14年連続整水器シェアNo.1獲得

 

img01.gif

※矢野経済研究所「2014年版浄水器・整水器市場の実態と展望」 調べ

 

矢野経済研究所発行「2014年版浄水器・整水器市場の実態と展望」における

「2012年度整水器売上高」において日本トリムの電解水素水整水器が

トップシェアを獲得しました!

 

前回調査(2011年)の時と比べて、

5.7ポイントアップの59.4%のシェアを獲得しました!

 

 

2位 トリムイオンHYPER新発売

 

main_hyper.jpg

 

2位は、トリムイオンHYPERの新発売。

それまで主力製品であったトリムイオンNEOをさらにコンパクトにし、

お客様の声をもとに新機能を搭載したトリムイオンHYPERが2014年4月1日に発売を開始しました。

 

さらにトリムイオンHYPERをきっかけに浄水カートリッジも

自主規格指定13物質に加え、浄水器協会自主規格指定による3物質の除去が可能になり、

2014年11月にはすべての日本トリム製マイクロカーボンカートリッジを

16物質除去へとスペックアップしました。

 

 

3位 日本トリム社員の平均医療費が全国平均より低いことが明らかに!

 

「ウォーターヘルスケアという、新習慣。」を提唱する日本トリムでは、

日常的に電解水素水を飲用している社員の毎月の平均医療費が

全国平均よりも大幅に低いことがわかりました!

(全国健康保険協会提供データより)

 

社員自らが「ウォーターヘルスケアという、新習慣。」を体感できていることが

目に見えて分かることとなった出来事でした。

 

 

4位 電解水素水の農業への応用・研究の進展

 

img02.jpg

 

2014年は農業分野の進展が多い年となりました。

日本トリムと高知大学との共同研究論文が2報発表されました。(詳細は第5位につづく)

12月には日本トリム整水器ユーザー様限定で、

電解水素水で育てられた還元フルーツの販売を行いご好評いただくなど

2015年以降の電解水素水の農業への応用とその実用化が期待される1年となりました。

 

 

5位 新論文3報発表

 

ecib_.png

 

2014年は日本トリムの整水器の研究についても進展の多い年となりました。

 

日本生物環境工学会(農業系学会)の国際学術誌

「ENVIRONMENTAL CONTROL IN BIOLOGY」2014年6月号に掲載され

日本トリムの電解水生成装置「還元野菜整水器」を使って育てたコマツナが

成長促進に優位な結果が見られたことが発表されました。

 

10月に開催された日本機能水学会第13回学術大会では、

当社と共同研究を行っている高知大学農学部の石川勝美学部長が

コマツナの養液栽培試験において成長促進やβ-カロテン・ビタミンC等の

抗酸化成分の含有量増加がみられたこと、さらにコマツナの受ける酸化ストレスが

軽減されたとみられるデータを紹介されました。

 

また7月には九州大学大学院農学研究院との研究論文も発表されました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

2015年の営業日も始まって数日経ちますが

昨年以上に飲用分野、医療分野、農業分野とすべての分野において

飛躍の年となれるよう、社員一同目標と計画をしっかり持ち

それぞれの業務に取り組んでおります!

 

 

<<おまけ>>

 

前回のブログでご紹介した、伏見稲荷大社の初詣の際、

毎年全員でおみくじを引いているのですが森澤が今年はなんと!

 

DSC_2440.jpg

 

大大吉を引きました!!

 

一同、大大吉という存在すら知らなかったそうですが、

商売繁盛の神様がまつられることで有名な伏見稲荷大社。

日本トリムにとって際先の良いスタートとなりました!!

 

 

こんにちは。日本トリム三木です。

6月13日(金)-15日(日)、神戸国際展示場(兵庫県神戸市)にて開催された

第59回社団法人日本透析医学会 学術集会・総会に

日本トリムとトリムメディカルインスティテュートが合同でブース出展しました。

 

140620gakkai.jpg

 

本医学会は毎年梅雨時の6月に開催されるため、期間中は雨になることが多いのですが、

今年は珍しく3日間共に晴天に恵まれました。

晴天ということも手伝って、例年より約5,000名多い、約18,000名の来場者数だったそうです。

 

140620gakkai2 (2).jpg 140620gakkai2.jpg

 

至るところに「WELCOME TO KOBE」の旗が。

 

140620gakkai3.jpg

 

日本トリムのブースは第2号館を入って右側手前に位置していました。

医療施設関係の方はもちろんのこと、日本トリムが普段整水器でお世話に

なっている代理店の方々もブースにお越し下さいました。

 

140620gakkai4.jpg 140620gakkai5.jpg

 

そしてこちらが今回展示した「個人用 電解水透析用逆浸透精製水製造システム」。

電解水透析を気軽に導入することが出来るとあり、医師や技師の方々より大変好評を頂いております!

 

140620gakkai6.jpg 140620gakkai7.jpg

 

この小さな箱の中に透析用希釈水の生成に必要となる設備(軟水装置、UFモジュールも含む)と

水素水を生成する電解モジュールが内臓されています。

 

アンケートにご協力頂いた方々へは、御礼の気持ちを込めて、

冷やした日本トリムの電解水素水を差し上げました。

 

日本トリムの電解水素水

 

長時間暑い会場を歩きまわるので、やはり水分補給は欠かせませんよね。

本学術集会では電解水透析に関して、「透析医療における電解機能水の有用性と将来性」がワークショップの

6演題のうちの1演題として発表された他、一般演題・ポスターでもそれぞれ発表しております。

 

140620gakkai9.png

 

次回第60回社団法人日本透析医学会 学術集会・総会は2015年6月26日(金)-28日(日)に

パシフィコ横浜にて開催されます。こちらも出展予定ですので是非ご期待下さい!!

第7回電解水透析研究会が開催されました!

 

こんにちは!

日本トリム経営企画部の三木です。

 

2月1日(土)に富国生命ビル(千代田区内幸町)にて、第7回電解水透析研究会が開催されました!

 

次世代血液透析の一つになることが期待される日本トリムの電解水透析 ※1

最新の情報を求め、医師・技士・看護士・関係メーカーの方々が多く来場され、

会場は満席となり大変活気のある研究会となりました。

 

140205toseki.jpg 140205toseki2.jpg

 

中でも東北大学病院・循環器内科の佐藤公雄先生から大変ホットな話題である

酸化ストレスとサイクロフィリンA ※2について特別講演をされ、注目を集めました。

 

140205toseki3.jpg 140205toseki4.jpg

東北大学病院 循環器内科医 佐藤公雄先生

 

その後の一般演題では、2年間電解水透析を行ったところ、

血液透析患者の心機能が維持されやすいとする発表もありました。

 

今後、電解水透析の作用をより究明していくことで電解水透析は

さらに注目されるものと考えられます。

 

2015年、第8回電解水透析研究会も開催予定です。更なる電解水透析の進歩にご期待下さい!

 

140205toseki5.jpg 140205toseki6.jpg

 

 

※1【電解水透析とは?】

腎臓機能の代替治療法である血液透析は大量の水を必要とします。

その水に注目した日本トリムは血液透析用の整水器を産学共同開発しました。

その整水器で生成される電解水を基に作成された透析液を使い行われる血液透析を

「電解水透析」と呼びます。

 

※2【サイクロフィリンAとは?】

あらゆる疾患の引き金であり、また心血管疾患を促進することが知られている

酸化ストレスの刺激により血管から分泌される物質の一つを「サイクロフェリンA」といいます。

サイクロフェリンAが分泌されることで更に酸化ストレスの増幅を招くことがこれまでの

基礎研究で確認されています。

 
 

こんにちは。日本トリムです。

スウェーデンの透析誌「Dialäsen」に日本トリムの電解水透析システムに関する記事が掲載されました。

 

140128dialasen.png

スウェーデンの透析誌「Dialäsen」

 

この雑誌は、スウェーデン国内のほとんどの透析施設に配布されている人工透析の医学誌です。

記事は、2013年2月に開催した電解水透析研究会にて特別講演で来日してくださった

カロリンスカ大学のメディカルエンジニア アンナ・ノレンさんが執筆されています。

 

記事内では、カロリンスカ大学病院に日本トリムの「電解水透析(EW-HDシステム)」を導入したことや、

昨年2月に、日本の仙台・福島・東京を訪問し、電解水透析システムを使用している病院を訪問した後、

第6回電解水透析研究会に参加したことなどが書かれています。

 

中には、日本トリムが健康的なライフスタイルを奨励するために「電解水素水の質」の研究に

注力していることや、この電解水透析の技術を世界に広めるためには、血液透析に水素濃縮水を使用する

有用性を評価するために、引き続き調査を続行していくという旨が掲載されています。

 

▼オンライン記事はこちらから(スウェーデン語)

http://www.e-magin.se/v5/viewer/files/viewer_s.aspx?gKey=m538fncq&gInitPage=1

 ※アンナさんの記事は34~35ページに掲載されています。

 

今週末、2月1日(土)には第7回 電解水透析研究会も開催され、ますます電解水透析への期待が高まってきています。

 
 

こんにちは。日本トリム開発部の仲西です。

 

先日、12月22日(日)日本トリムの電解水透析導入病院である

特定医療法人泰玄会泰玄会病院(愛知県一宮市)の新棟の内覧会に行って来ました。

 

新病棟では70床の透析治療を行うことができますが、

その全てのベッドで電解水透析を実施することのできる多人数用RO装置を導入いただきました。

内覧会に訪れた方々には電解水透析をご紹介することができました。

 

131227taigenkai.jpg 131227taigenkai2.jpg

左:泰玄会病院新棟 右:電解水透析多人数用RO装置

 

泰玄会の血液浄化センター 森室長は、

「電解水透析をすることによって通常、透析時に生じる低血圧や腎性貧血などの症状が

軽くなっているように感じます。また処置回数の減少も見受けられるため、患者さんの負担を

減らすことができているのでは、と感じています。

 

少しでも患者さんに、『楽に透析を受けて、楽に帰って頂きたい』というスタッフの想いが

届けばと思います。将来的には薬の投与量を減らしたり、透析によって起きる症状の

更なる改善にも繋がるのでは、と期待しています。」

と電解水透析への期待をお話してくださいました。

 

131227taigenkai3.jpg

血液浄化センター 森室長

 

131227taigenkai4.jpg 131227taigenkai5.jpg

左:日本トリム担当者による説明の様子 右:透析室

 

【人工透析ってなに?】

腎臓の代わりに血液をきれいにする治療法。

人工透析を行うことによって、体にたまった老廃物や水分を除去したり、酸性に傾いた血液を

弱アルカリ性に戻します。血液を一旦体の外に出して治療するため、通常1回4~5時間、週3回行います。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ページの先頭へ