農業事業関連情報の最近のブログ記事

 

こんにちは。日本トリムです。

 

このブログでもたびたびご紹介してきた、

日本トリムの農業分野ですが、大きな進展がありましたので

ご紹介させていただきます!

 

それが、こちら!!!!!!!!!

 

DSC_9278.JPG

 

高知県の南国市に、どーんとそびえる農業用ハウスが完成しました!

(建設中には市民の皆さまから「あれはなんだ」と問い合わせがたくさん寄せられたとか…)

 

ただの農業用ハウスではありません。特徴は大きく3つあります!

 

①オランダ式高軒高で最先端設備を導入

②農業用の電解水素水整水器6台導入

③官民学が一体となって建設されました

 

まず、なぜオランダかと言いますと、、

オランダはアメリカに次ぐ世界第2位の農業生産物輸出国です。

ですが、国土は九州と同じくらい。

なぜ世界第2位になっているかというと、

狭い国土を有効活用し、高収益をあげるための農業手法を確立してきたからなのです。

 

そのひとつが「高軒高」。

DSC_9221.JPG

DSC_0752.jpg

 

このハウスは、5.5mの高さがあり、その分、農作物の収穫量を増やすことができます。

高い部分には、クレーンを使って登ります。ちょっと登ってみたいですよね。

 

そして、自動で温度や湿度を管理する設備や、炭酸ガス発生設備、環境制御設備などを導入し、

天候や気温の影響を受けにくく、安定的な収穫が期待できるのです。

 

DSC_9210.JPG

 

そして、一番お見せしたいのが…

 

DSC_9205.JPG

 

 

日本トリムの農業用電解水素水整水器(還元野菜整水器)です!

ハウスの一番大きな特徴で、日本でもオランダ式園芸用ハウスは多くはないですが

建設されているのですが、電解水素水整水器を設備を導入したハウスは、

これが日本で初めての事例です。

 

このハウスでは、2月中旬から南国市の基幹品目であるピーマンと

新たにパプリカが栽培されます。

オランダでは、パプリカやピーマンを育てるには、

「日照日が1%違うと収穫量が1%違う」

言われているくらい、日射量が重要な野菜なのですが、

日射量が国内でもトップクラスの高知県は、栽培に適した地域でもあるのです。

 

 

そして、このハウス。

高知県、南国市、JA南国市、高知大学、日本トリムの5社で結ばれた

「電解水素水を使用した還元野菜プロジェクト」のもと

高知県や南国市からの補助金を一部使用して、建設されました。

 

 

そのため先日、2月2日には関係者らが集まり現地で落成式が行われました。

 

DSC_9178.JPG

 

当日の様子は、テレビや新聞の取材にも起こしいただき、

(NHK高知放送で放送、日本経済新聞、高知新聞で取り上げていただきました!)

それだけ注目いただいているのだなぁと、日本トリムがそんなプロジェクトに関わっていることが

とても嬉しく思いました!

 

DSC_9154.JPG

 

同日に行われた落成祝賀会では、

高知県の農業振興部の方より高知県尾﨑知事の挨拶が代読されたり、

南国市橋詰市長の挨拶が行われたりと、錚々たる方々から、

ハウスへの大きな期待が述べられました。

 

DSC_9300.JPG

 

 

 

このオランダ式園芸用大型ハウスが完成したことにより、

「電解水素水を使用した還元野菜プロジェクト」は大きな第一歩となりました。

高知県や南国市の農業活性化や、所得の増大、雇用の創出に繋げることのできるとともに、

日本トリムにとっても電解水素水を使って育てた野菜が安定的に収穫できることにより、

その分研究も積極的に進めることができます。

 

電解水素水による高品質で付加価値の高い野菜を栽培する技術の確立を確立し、

国内のみならずグローバルな展開を目指していきます!!!

 

ぜひ皆さまにも日本トリムの農業分野の進展を応援いただけると嬉しいです!

 

170202newsrelease2.jpg

 

 

こんにちは!

日本トリム経営企画部の佐藤です。

10月14日(水)~16日(金)、千葉・幕張メッセで開催された

「第2回 国際次世代農業EXPO」に日本トリムが出展してきました!

 

DSC_4654_blog.jpg

DSC_4653.JPG

会場内の様子

DSC_4681_blog.jpg

受付は長蛇の列

 

次世代農業EXPOと同時に

「道工具・作業用品EXPO」、「ガーデンEXPO」、「フラワーEXPO」、「農業資材EXPO」も開催され、

5つのホールでの大規模な展示会でした。出展社は全体で1,760社にものぼり、

当展示会では過去最大の出展社数となったとのこと。

 

 

DSC_4712.JPG

 

日本の農業 活性化のためのセミナーを同時開催し、

農業法人、新規参入検討企業、農協、農家、ホームセンターなど、国内外から

多くの農業関係者が来場されました。

 

DSC_4710.JPG

DSC_4711.JPG

 

日本トリムでは農業用の還元野菜整水器「TRIM-AGシリーズ」を展示致しました。

電気分解した水「電解水素水」を野菜などに散布する事で

収穫量増や抗酸化成分の向上についての有意なデータが得られた事などを

ご説明させて頂きました。

 

DSC_4662.JPG

DSC_4657.JPG

ブースには日本トリムの還元野菜整水器で育てた還元野菜も展示しました

 

「水素水」というキーワードに皆さん立ち止まって興味深く話を聞いて頂きました。

まだ農業分野については知識が浅いので、逆にいろいろ教えていただき勉強になる場面もありました。

 

DSC_4668.JPG

DSC_4739_blog.jpg

DSC_4716_blog.jpg

 

日本トリムは来年の次世代農業EXPOも出展を予定しております。

品種や使用地域を拡大し、更なるデータの取得に向け取り組んでいきたいと思います。

 

 

こんにちは。日本トリムです。

 

先日、7月3日(金)高知県庁にて南国市、JA南国市、高知県、高知大学と

「電解水素水を活用した還元野菜プロジェクト」

の推進連携協定を締結する、調印式が行われました。

 

P1120279.JPG

還元野菜整水器(中央)と電解水素水で育てた野菜たち

 

「電解水素水を活用した還元野菜プロジェクト」は、

南国市、JA南国市、高知県、高知大学、日本トリムの5機関連携のもと

南国市及びJA南国市が中心となった取り組みを計画しています。

 

P1120265.JPG

P1120266.JPG

協定書への署名の様子

 

現在、南国市では地域の活性化、市の創生実現のため策定中の

「南国市まち・ひと・しごと創生総合戦略」における農業振興策の柱として、

JA南国市とともに「電解水素水を活用した還元野菜プロジェクト」の推進を計画しており、

その一環として、「こうち農業確立支援事業」 を活用し、電解水素水の農業分野への

活用による効果や機能性等の検証を目的とした農家への整備を進める予定です。

 

当日は、南国市長 橋詰壽人氏、JA南国市代表理事組合長 髙田幸一氏、

高知県知事 尾﨑正直氏、国立大学法人 高知大学 学長 脇口宏氏、

そして日本トリム代表・森澤が登壇し、

それぞれが「電解水素水を活用した還元野菜プロジェクト」に対する想いを語りました。

 

一部を抜粋してご紹介します!

 

P1120240.JPG

 

高知県・尾﨑知事

「電解水素水を用いることで、野菜の生産性を大幅に向上できるかもしれないといった

夢や可能性のあるプロジェクトがスタートします。高知は残念ながら土地が広いわけではありません。

生産性が高く、消費者に支持される野菜、果物を作っていくことが大切だと思います。

これまでも様々な努力を重ねてきましたが、この電解水素水によるプロジェクトが大きく

花咲くことになると、また大きな力を得ることができると考えています。

ぜひこのプロジェクトを5機関連携して成功させ、高知県の農業の発展に、もっと言えば

日本の農業の発展、さらには世界の農業の発展に繋げていければと思っています。」

 

P1120255.JPG

 

日本トリム代表・森澤

「これまで南国スタイル、高知大学と協力して様々なデータをとってきました。

長い年月をかけて、電解水素水が農業に役立つと確信を持って進めていき、

その結果がこのような形になりました。日本国内でメロンなど様々な『還元野菜』を

作っていますが、行政と組んで進めていくことは今回が初めてです。

これを基礎に農業をなんとしても実を結ばせていきたいです。

また将来的にはこれを全国、世界に発信していくためにも、

高知県そして南国市からこの次世代型農業を発信していきたいと思っています。」

 

P1120274.JPG

左から、坂本県議、橋詰市長、日本トリム森澤、尾﨑知事、脇口学長、髙田組合長

P1120269.JPG

 

 

日本トリムでは、当プロジェクトの推進を支援することで

当社農業事業のさらなる活性化を目指して参ります!

 

----------------------------------------------------------------------------------

調印式の様子が各種メディアで報道されました!

【TV】「こうちeye」(RKC)2015年7月3日放送

【TV】「イブニングKochi」(KUTV)2015年7月3日放送

【新聞】「読売新聞(高知版)」2015年7月4日号

【新聞】「高知新聞」2015年7月4日号

【新聞】「日刊工業新聞」2015年7月6日号

----------------------------------------------------------------------------------

 

こんにちは。日本トリムです。

 

先日、日本トリムスタッフが高知県南国市の西島園芸団地に行って来ました。

これまでこのスタッフブログで紹介したことがなかったので

この機会にご紹介したいと思います!

 

P4170536.JPG

西島園芸団地外観。この時期はイチゴ狩りが行われているようです。

 

西島園芸団地は、2013年より日本トリムが出資をしている

南国市産業復興機構の運営施設であり、当社の製造工場から車で10分程の場所にあります。

還元野菜整水器を使ってメロンやスイカが育てられているなど、

日本トリムと関係の深い施設です。

 

エントランスをくぐると、お花の甘い香りとともにたくさんの花々や、木々たちが迎えてくれます。

 

P4170556.JPG

P4170548.JPG

P4170547.JPG

ここにあるブーゲンビレアの木は日本一だそう。

P4170553.JPG

スターフルーツもなっていました!

 

お昼時にせっかくなのでランチに名物トマトカレーをいただきました。

トマトの風味がカレーのスパイスに全然負けていない

ここでしか味わえないカレーで美味しかったです。

 

P4170565.JPG

 

P4170559.JPG

 

キッチンにはトリムイオンNEOが設置されていて、

お客様用に電解水素水を飲んでいただけるウォーターサーバーも設置されていました。

 

カレーを食べておなかがいっぱいになった後は、

電解水素水で育てているメロンとスイカの畑の見学をさせてもらいました。

 

P4170597.JPG

P4170595.JPG

P4170592.JPG

 

収穫は先なのでまだまだ小ぶりでしたが、元気に育っていました。

 

P4170579.JPG

西島園芸団地に設置されている、還元野菜整水器TRIM AGシリーズ

 

この器械で生成した電解水素水を散布して、メロンやスイカを育てています。

収穫時期が今から楽しみです。

 

季節によってイベントなども開催されているようなので、

お近くにお越しの際は、ぜひ西島園芸団地を訪れてみて下さい!

 

---------------------------------------------------------------

西島園芸団地

営業時間 AM9:00~PM5:00

〒 783-0023 高知県南国市廿枝600

TEL 088-863-3167 FAX 088-863-1151

---------------------------------------------------------------

Webサイト:http://www.nishijima.or.jp/

---------------------------------------------------------------

 

こんにちは。日本トリムです。

 

2/2(月)放送の「アサデス。九州山口」(九州朝日放送・KBCテレビ)の

「美食キャスター」コーナーで日本トリムの農業関連事業が紹介されます!

 

先日、「アサデス。」取材班の皆さまが、日本トリムの農業関連事業の取材で、

当社福岡支社と、日本トリム製「還元野菜整水器」をご使用いただいている

熊本県の多幸寿グル―プの農園を訪問しました!

 

DSCN1957.JPG

日本トリム福岡支社での取材の様子

 

まずは日本トリム福岡支社での取材。

日本トリムが農業分野に進出したきっかけや想いについて、

支社長の樗木(ちしゃき)がインタビューに答えました。

 

150126asadesu.jpg

その後は熊本へ移動し、日本トリム熊本営業所のある熊本市内から

車で1時間ほどのところにある森口農園に向かいました。

 

ここでは、大自然に囲まれた畑で、電解水素水を使ってイチゴを育てています。

この日はあいにくの雨でしたが、イチゴと同じ農場で育てているミカンを食べた

アナウンサーの方はその美味しさ、甘さにすっかり魅了された様子でした。

 

150126asadesu3.jpg

電解水素水を散布している様子

150126asadesu2.jpg

農家の方への取材の様子

 

森口農園の代表・森口様はインタビューで、

「還元野菜整水器を利用した今年は、去年よりも収穫量が20~30%アップし、

イチゴの一粒の大きさも大きくなったので

『水を変えただけでこんなに違いが出るものか』と驚いた」と、

満面の笑顔でお話されていました。

 

実はこのイチゴ。

日本トリム代表・森澤が試食した時に

「70年間食べてきたイチゴの中で一番おいしい」と絶賛するほど、

甘みと果肉の弾力すべてにおいて抜群の評判なのです。

 

イチゴ・ミカンの美味しさと農家の皆様の笑顔のおかげで、

とてもいい雰囲気の中での取材となりました!

 

番組放映エリアにお住まいの皆さま、

2月2日(月)放送の「アサデス。九州山口」をお見逃しなく!!!

 

 

 

■還元野菜整水器TRIM AGシリーズのチラシはコチラから

 

 

日本トリム2014年5大ニュース!

 

こんにちは。日本トリムです。

 

昨年の出来事のなかから、日本トリムのトピックスをまとめてみました。

ランキング形式で発表します!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本トリム2014年5大ニュース

1位 14年連続整水器シェアNo.1獲得

2位 トリムイオンHYPER新発売

3位 日本トリム社員の平均医療費が全国平均より低いことが明らかに!

4位 電解水素水の農業への応用・研究の進展

5位 新論文3報発表

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

1位 14年連続整水器シェアNo.1獲得

 

img01.gif

※矢野経済研究所「2014年版浄水器・整水器市場の実態と展望」 調べ

 

矢野経済研究所発行「2014年版浄水器・整水器市場の実態と展望」における

「2012年度整水器売上高」において日本トリムの電解水素水整水器が

トップシェアを獲得しました!

 

前回調査(2011年)の時と比べて、

5.7ポイントアップの59.4%のシェアを獲得しました!

 

 

2位 トリムイオンHYPER新発売

 

main_hyper.jpg

 

2位は、トリムイオンHYPERの新発売。

それまで主力製品であったトリムイオンNEOをさらにコンパクトにし、

お客様の声をもとに新機能を搭載したトリムイオンHYPERが2014年4月1日に発売を開始しました。

 

さらにトリムイオンHYPERをきっかけに浄水カートリッジも

自主規格指定13物質に加え、浄水器協会自主規格指定による3物質の除去が可能になり、

2014年11月にはすべての日本トリム製マイクロカーボンカートリッジを

16物質除去へとスペックアップしました。

 

 

3位 日本トリム社員の平均医療費が全国平均より低いことが明らかに!

 

「ウォーターヘルスケアという、新習慣。」を提唱する日本トリムでは、

日常的に電解水素水を飲用している社員の毎月の平均医療費が

全国平均よりも大幅に低いことがわかりました!

(全国健康保険協会提供データより)

 

社員自らが「ウォーターヘルスケアという、新習慣。」を体感できていることが

目に見えて分かることとなった出来事でした。

 

 

4位 電解水素水の農業への応用・研究の進展

 

img02.jpg

 

2014年は農業分野の進展が多い年となりました。

日本トリムと高知大学との共同研究論文が2報発表されました。(詳細は第5位につづく)

12月には日本トリム整水器ユーザー様限定で、

電解水素水で育てられた還元フルーツの販売を行いご好評いただくなど

2015年以降の電解水素水の農業への応用とその実用化が期待される1年となりました。

 

 

5位 新論文3報発表

 

ecib_.png

 

2014年は日本トリムの整水器の研究についても進展の多い年となりました。

 

日本生物環境工学会(農業系学会)の国際学術誌

「ENVIRONMENTAL CONTROL IN BIOLOGY」2014年6月号に掲載され

日本トリムの電解水生成装置「還元野菜整水器」を使って育てたコマツナが

成長促進に優位な結果が見られたことが発表されました。

 

10月に開催された日本機能水学会第13回学術大会では、

当社と共同研究を行っている高知大学農学部の石川勝美学部長が

コマツナの養液栽培試験において成長促進やβ-カロテン・ビタミンC等の

抗酸化成分の含有量増加がみられたこと、さらにコマツナの受ける酸化ストレスが

軽減されたとみられるデータを紹介されました。

 

また7月には九州大学大学院農学研究院との研究論文も発表されました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

2015年の営業日も始まって数日経ちますが

昨年以上に飲用分野、医療分野、農業分野とすべての分野において

飛躍の年となれるよう、社員一同目標と計画をしっかり持ち

それぞれの業務に取り組んでおります!

 

 

<<おまけ>>

 

前回のブログでご紹介した、伏見稲荷大社の初詣の際、

毎年全員でおみくじを引いているのですが森澤が今年はなんと!

 

DSC_2440.jpg

 

大大吉を引きました!!

 

一同、大大吉という存在すら知らなかったそうですが、

商売繁盛の神様がまつられることで有名な伏見稲荷大社。

日本トリムにとって際先の良いスタートとなりました!!

 

 

こんにちは!日本トリムです。

 

この度、高知大学と当社日本トリムとの共同論文が

日本生物環境工学会(農業系学会)の国際学会誌

「ENVIRONMENTAL CONTROL IN BIOLOGY」2014年6月号に掲載されました!

 

140717ecib.png

ENVIRONMENTAL CONTROL IN BIOLOGY」2014年6月号表紙

 

論文のタイトルは

Effects of Deoxidized Nutrient Solution

on Growth of Komatsuna(Brassica rapa var.previridis)Plants

(和約:還元化された培養液のコマツナへの影響)

 

日本トリムの電解水生成装置 還元野菜整水器を用いて電解水素水でコマツナを育てた際、

根や地上部分の成長促進に優位な結果が出たことが書かれています。

 

日本トリムは、電解水素水を農業に応用して農作物の収量や成分の向上により、

高齢化・低収益等の問題を抱える現代の農業の課題解決や今後普及が見込まれる

植物工場への貢献を目指しています。

 

この論文はその目標への大きな一歩となり、

電解水素水で育てた野菜=「還元野菜®」の期待がますます高まる内容となりました!

 

日本トリム製 電解水生成装置 還元野菜整水器  140717ecib3.jpg

(左)日本トリム製 電解水生成装置 還元野菜整水器 (右)コマツナの水耕栽培の様子

 

こんにちは!日本トリムです。

 

先日5月17日(土)に県立農林水産総合技術支援センター(徳島県)にて行われた

「日本生物環境工学会四国支部会」にて、日本トリムの農業用還元野菜整水器が

開発賞を受賞しました!

 

140522syojyo.jpg

※クリックすると拡大してご覧いただけます。

 

【日本生物環境工学会】

新しい農業生産の技術開発および技術形成に興味を持つ科学者・技術者・賛同者で構成され、

研究活動の活性化させ社会貢献することを目的とした学会。

 

▼日本生物環境工学会Webサイト

http://jsabees.agr.ehime-u.ac.jp/

 

日本生物環境工学会の四国支部会の会員である日本トリムは、

四国支部2014年総会にて支部表彰候補に当社の農業用還元野菜整水器が

地域活性に繋がる成果を出しているとして推薦いただき、今回受賞することができました。

 

140522syojyo2.jpg 140522syojyo3.jpg

授賞式の様子。左が日本トリム子会社(株)トリムエレクトリックマシナリー代表取締役奥田。

 

この開発賞は、支部会員企業の開発した製品を対象とし優秀な企業に授与される賞です。

そのような栄えある賞を受賞でき、とても光栄に思っております。

 

先日は、日刊株式経済新聞5月15日号においても

農業用還元野菜整水器から作られた「還元野菜®」が記事掲載されました。

近年注目されている「機能性野菜」として還元野菜にも関心が集まってきています。

 

140522kangnyasai.jpg

 

———-————————————————————————-----━━━━★

▼還元野菜関連ブログ記事

日本トリムの還元野菜を出展しました!(2013年10月10日)

本日(3/28)のフジサンケイビジネスアイに日本トリム記事が掲載されました(2013年3月28日)

———-————————————————————————-----━━━━★

日本トリムの還元野菜を出展しました!

こんにちは。日本トリムです。

 

美味しさや栽培方法、品種にこだわった高知県産青果物が集まる

展示会「高知こだわり青果市in東京2013」に日本トリムの還元野菜ブースを出展しました!

 

「還元野菜」とは、(株)日本トリムが提唱する

ビタミンなど抗酸化性分を豊富に含んだ野菜の新ブランドで、

この日も電解水素水で育てた野菜やフルーツをご用意しました。

 

日本トリムブースの様子

日本トリムの電解水素水で育てた青ネギ 日本トリムの電解水素水で育てた小松菜

 

根がしっかりと張った長ネギに、小松菜。

そして試食用にご用意した電解水素水で育てたスイカは糖度が高く、

試食した方の中には「本当に甘い!」と皮ギリギリまで召し上がる方もいらっしゃる程でした。

 

131010kangenyasai4.jpg

 

なぜこんなに甘くなるのか、成分が高まるのかを

共同研究および生産者からデータをお見せしながらご説明。

 

131010kangenyasai5.jpg 131010kangenyasai6.jpg

 

育てるのに使用した「還元水(=電解水素水)」とはどんな水なのかも

簡単な実験を使ってご説明しました。

 

日本トリムブースは、説明スタッフが一息つく暇もないほど大盛況。

皆さまに「還元野菜」について知っていただけるきっかけになったのではないでしょうか。

 

一般の皆さまへ販売はまだ少し先になりそうですが、

日本トリムの農業分野事業も着実に進んでいます。

できるだけ早く皆さまにお届けできるよう頑張っておりますので、

いつかお手元に届く時をどうぞお楽しみに!

 

日本トリムの電解水素水(還元水)で育てたスイカ

※還元水=電解水素水

 

こんにちは。日本トリムです。


本日3月28日付フジサンケイビジネスアイにおいて、

日本トリムの農業分野での取り組みが紹介されました。

 

記事では、高知大学・JA南国市との共同研究内容が紹介され、

電解水素水と通常水で育てた野菜の比較写真を掲載。

高知大学農学部長の石川勝美教授にもインタビューしています。

記事の内容は、産経新聞グループの総合経済情報サイト

SankeiBiz(サンケイビズ)でもご覧頂けますので、ぜひご覧下さい!



SankeiBiz(サンケイビズ)

「農業分野で応用始まる電解水素水 日本トリム」

http://www.sankeibiz.jp/business/news/130328/bsc1303280503000-n1.htm

 

農業分野で応用始まる日本トリムの電解水素水
 
 

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ページの先頭へ