日本トリム、高知大学、須崎市との連携協定締結式が行われました

 

こんにちは、日本トリムです。

 

11月13日、須崎市役所(高知県)にて、

産学官民連携による「健康」をキーワードとした

地方創生事業に関する連携協定締結式が行われました。

 

DSC01022.jpg

(左から)日本トリム代表・森澤、須崎市楠瀬市長、高知大学脇口学長

 

締結式には、日本トリム代表・森澤が出席しました。

今回の締結により、昨年の9月に発表した取り組みが、本格的にスタートします。

 

その取り組みとは!

日本トリムの電解水素水整水器を、須崎市内の約500世帯に

無償貸し出し設置を行い、日常的に電解水素水を摂取いただきます。

そして須崎市民の皆様の飲用試験データや健康状態の変化を収集・分析し

電解水素水が生活習慣予防や健康増進に与える影響を調査・研究するというもの。

(※詳細のリリースはこちらから

 

IMG_6873.jpg

 

締結式の中で、森澤から

「楠瀬市長の、健康なまちづくりを進めたいとの思いを受け

 日本トリムとしての考え方をお伝えし、高知大学のご協力も得て

 スタートすることになりました。

 良い結果が出るかどうかはともかく、正確なデータを出して頂きたい。

 このプロジェクトによって、須崎市が健康なまちづくりで

 全国に名が知れていくことを期待しています」

と、お話しました。

 

DSC01023.jpg

 

データ収集や分析、調査は高知大学医学部にご協力頂いた上で、

結果公表を予定しています。

 

毎年約一兆円ずつ膨れ上がる国民の医療費削減に貢献すべく

日本トリムは研究開発に注力してまいります!

 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ページの先頭へ