第62回日本透析医学会学術集会に日本トリムが出展しました!

 

こんにちは、日本トリムです。

 

初夏の暑さと、梅雨の時期が重なり、気温差が激しいですね。

水分補給と睡眠をしっかりと摂り、体調管理につとめましょう。

 

さて、6月16日(金)から18日(日)の3日間の日程で

第62回日本透析医学会学術集会が行われました。

会場はこちら、パシフィコ横浜(横浜市西区)です。

 

IMG_0813blog.jpg

 

最終日だけは天気が崩れてしまったのですが、

1日目と2日目はとても気持ちの良い晴天に恵まれました。

昨年に引き続き、日本トリムのブースを出展してきましたよ!

 

IMG_0860blog.jpg

IMG_0875blog.jpg

 

電解水透析RO装置と電解水素水整水器をブース内に展示しました。

ブースでは300名以上の医療関係者の方々が足をとめ、

担当者の説明を熱心に聴く姿が見られました。

また、製品に関する質問もたくさんいただきました。

電解水素水の良さ、電解水透析の良い点をご理解頂けて嬉しかったです。

 

また、学会中に電解水透析と水素腹膜透析に関するセミナーが合わせて8演題行われました。

この演題数は過去最多です。

 

演題.png

※クリック頂くと大きく表示されます

 

中でも、東北大学病院の中山昌明先生の発表の際は

会場に用意された125席はすぐに満席となり、

立ち見客が出る程の好評ぶりでした。

 

発表の中で、中山先生は電解水素水と水素水の効果の違いを論文データで説明されました。

バブリングされた市販の水素水とは違い、

日本トリムの電解水素水は管理医療機器として認められた製品(整水器)から

生成されていることをしっかりとお話されました。

また昨今の報道による誤解をとくためにも、このようにデータを集めて

発表できることはとても嬉しいことだとコメントされていました。

 

また、農業への応用(収穫量アップ)や

競走馬への飲用効果(胃潰瘍の予防効果)も紹介され、

電解水素水の可能性の大きさに関しても話され

会場出席者はその結果を見入っていました。

 

IMG_0901.JPG

 

電解水透析はこれまで5年間の追跡調査を行ってきました。

透析は合併症を起こすことがありますが、

この電解水透析は合併症を引き起こしにくいというデータも発表され、

非常に良い結果が出てきています。

 

今後の研究にも全力を注ぎつつ、

これからも自信をもって普及を進めてまいります!

 

※次回の第63回日本透析医学会学術集会は神戸にて

平成30年6月29日(金)~7月1日(日)の日程で行われる予定です。

 

 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ページの先頭へ