第9回電解水透析研究会が開催されました―日本トリムスタッフブログ

 

こんにちは。日本トリムです。

2月6日(土)フクラシア品川クリスタルスクエア(東京都)にて

日本トリムが協賛する

第9回電解水透析研究会が開催されました!

 

P2060209.JPG

 

この日、全国から医師・技師・看護師・関係メーカーの方々が

多く来場され、いつもより多めに用意されていた席も後ろまで埋まるほど大盛況。

計100名近くの方が参加され、活気のある研究会となりました。

 

P2060238.JPG

 

研究会は、電解水透析研究会 会長の福島県立医科大学中山先生の挨拶から始まり、

電解水透析についての説明や進捗をお伝えする「教育セミナー」

電解水透析の臨床効果に関する経過報告を行う「研究会報告」

電解水透析を利用する病院等による発表を行う「一般演題」

ゲストによる講演の「特別講演」の4部構成で行われました。

 

 

P2060244.JPG

P2060260.JPG

 

特別講演には、茨城大学農学部資源生物科学科 西原先生が登壇し、

「水素をエネルギーとして利用する細菌」をテーマに講演をされました。

 

P2060297.JPG

P2060294.JPG

P2060303.JPG

 

水素水や水素エネルギーなど近年話題に上ることの多い「水素」に関する

学術的知見からの講演に、参加された方も興味を示しており

講演後の質疑応答では数々の質問が飛び交っておりました。

 

P2060309.JPG

 

最後は、電解水透析研究会 副会長 日鋼記念病院 伊丹先生による総括で

第9回電解水透析研究会は幕を閉じました。

来年は記念すべき第10回目となる当研究会。

さらに研究が進み、「電解水透析」という新しい治療法が拡がり

血液透析治療の副作用で苦しむ患者の方々の

QOL(Quality of Life=生活の質)改善に貢献できればと考えております。

 

=======================================

※【電解水透析とは?】

腎臓機能の代替治療法である血液透析には、大量の水を必要とします。

日本トリムは、その水に注目し、血液透析用の整水器を産学共同で開発しました。

この整水器で生成した電解水で調製した透析液による血液透析が「電解水透析」です。

=======================================

 

 

*新しい試みとして展示コーナーが設けられました

 

今回からは展示コーナーが設け、実際の機械が展示されていました。

研究会開始前や、休憩時間にはたくさんの方がご覧になっていました。

 

P2060222.JPG

日本トリム製電解水透析システム「EW-HDシステム」

P2060232.JPG

P2060265.JPG

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ページの先頭へ