「日本トリムの電解水素水を活用した還元野菜プロジェクト」推進連携協定締結調印式がおこなわれました!

 

こんにちは。日本トリムです。

 

先日、7月3日(金)高知県庁にて南国市、JA南国市、高知県、高知大学と

「電解水素水を活用した還元野菜プロジェクト」

の推進連携協定を締結する、調印式が行われました。

 

P1120279.JPG

還元野菜整水器(中央)と電解水素水で育てた野菜たち

 

「電解水素水を活用した還元野菜プロジェクト」は、

南国市、JA南国市、高知県、高知大学、日本トリムの5機関連携のもと

南国市及びJA南国市が中心となった取り組みを計画しています。

 

P1120265.JPG

P1120266.JPG

協定書への署名の様子

 

現在、南国市では地域の活性化、市の創生実現のため策定中の

「南国市まち・ひと・しごと創生総合戦略」における農業振興策の柱として、

JA南国市とともに「電解水素水を活用した還元野菜プロジェクト」の推進を計画しており、

その一環として、「こうち農業確立支援事業」 を活用し、電解水素水の農業分野への

活用による効果や機能性等の検証を目的とした農家への整備を進める予定です。

 

当日は、南国市長 橋詰壽人氏、JA南国市代表理事組合長 髙田幸一氏、

高知県知事 尾﨑正直氏、国立大学法人 高知大学 学長 脇口宏氏、

そして日本トリム代表・森澤が登壇し、

それぞれが「電解水素水を活用した還元野菜プロジェクト」に対する想いを語りました。

 

一部を抜粋してご紹介します!

 

P1120240.JPG

 

高知県・尾﨑知事

「電解水素水を用いることで、野菜の生産性を大幅に向上できるかもしれないといった

夢や可能性のあるプロジェクトがスタートします。高知は残念ながら土地が広いわけではありません。

生産性が高く、消費者に支持される野菜、果物を作っていくことが大切だと思います。

これまでも様々な努力を重ねてきましたが、この電解水素水によるプロジェクトが大きく

花咲くことになると、また大きな力を得ることができると考えています。

ぜひこのプロジェクトを5機関連携して成功させ、高知県の農業の発展に、もっと言えば

日本の農業の発展、さらには世界の農業の発展に繋げていければと思っています。」

 

P1120255.JPG

 

日本トリム代表・森澤

「これまで南国スタイル、高知大学と協力して様々なデータをとってきました。

長い年月をかけて、電解水素水が農業に役立つと確信を持って進めていき、

その結果がこのような形になりました。日本国内でメロンなど様々な『還元野菜』を

作っていますが、行政と組んで進めていくことは今回が初めてです。

これを基礎に農業をなんとしても実を結ばせていきたいです。

また将来的にはこれを全国、世界に発信していくためにも、

高知県そして南国市からこの次世代型農業を発信していきたいと思っています。」

 

P1120274.JPG

左から、坂本県議、橋詰市長、日本トリム森澤、尾﨑知事、脇口学長、髙田組合長

P1120269.JPG

 

 

日本トリムでは、当プロジェクトの推進を支援することで

当社農業事業のさらなる活性化を目指して参ります!

 

----------------------------------------------------------------------------------

調印式の様子が各種メディアで報道されました!

【TV】「こうちeye」(RKC)2015年7月3日放送

【TV】「イブニングKochi」(KUTV)2015年7月3日放送

【新聞】「読売新聞(高知版)」2015年7月4日号

【新聞】「高知新聞」2015年7月4日号

【新聞】「日刊工業新聞」2015年7月6日号

----------------------------------------------------------------------------------

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ページの先頭へ